CODAトップページ » 活動のご案内 » 委員会 » 法制度委員会

法制度委員会

法制度委員会

委員長:佐藤正和東宝株式会社 法務部知財管理室長

「法制度委員会」では、中国、韓国などのアジアを中心とした海外における著作権関連法制度の問題点などについての検証を行い、当該国政府への意見具申を実施するなど、CODAのロビー機能の基盤づくりを目指して活動しています。

主な取り組み
中国本土、台湾、香港、韓国などのアジアを中心とした各国・地域での海賊版対策に関連する法制度・運用などの研究
各国・地域政府機関への申し入れ・各国コンテンツホルダーとの関係構築
各国・地域の法案改正などに関するパブリックコメントへの対応

委員長あいさつ

コンテンツビジネスの海外展開に当たっては、各国の法制度・規制を理解することが必要です。しかし、一企業だけで情報収集し分析するためには、情報源、マンパワー共に限界があります。また、法規制の内容や運用の改善について、各国に働きかけ実行につなげていくのには、一企業だけでは困難です。

そうした中、同じ問題意識を持つコンテンツ企業が集まり、各国の法制度上の問題点について検証し、さらに当該国政府への意見具申につなげていくことを目的として、「法制度委員会」が設置されました。

委員会ではこれまで、「中国におけるインターネット上の著作権保護」等を主要議題として、法的な問題点を研究してきました。また、中国を中心として法律改正に向け、パブリックコメントに対し意見を提言、さらに同国政府との直接対話を通じて法律運用改善への提言をしてきました。

今後はこれまでの重点課題のさらなる分析、各国政府との積極的な対話を進めるとともに、同じ立場としての各国のコンテンツホルダーとのネットワークづくり、および重点課題や対象地域の拡充をすすめていきます。

コンテンツ業界ならびに関係者の皆様のご参加を広くお待ちしております。

ページトップへ