CODAトップページ » ニュース » 海外での著作権侵害事件 » 台湾:台北地下街で海賊版DVDを販売 2店舗を摘発

台湾:台北地下街で海賊版DVDを販売 2店舗を摘発

2013-08-10

 2013年7月26日、台湾の保護智慧財産権警察(IPR警察)は、一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA・桐畑敏春代表理事((株)ポニーキャニオン 代表取締役社長))の要請に基づき、「真夜中のパン屋さん」「35歳の高校生」「潜入探偵トカゲ」「ラストシンデレラ」「お助け屋☆陣八」「レディ・ジョーカー」など、この6 月に放送を終えたばかりの最新テレビドラマを含む日本コンテンツの海賊版を販売していた、台北市最大の地下街「台北地下街」の2店舗を摘発、2名を検挙し、海賊版DVDなど約8,000枚を押収しました。
 8月10日にIPR警察でこの摘発に関する記者発表が行なわれ、CODAの中山威智郎・事務局担当部長も同席し、IPR警察による摘発への謝意を表すとともに「台湾では日本コンテンツの人気が高いが、海賊版の問題があり残念ながら正規流通が進んでこなかった。この問題が劇的に解決しつつある今、台湾は、世界で初めて日本コンテンツの正規流通のスタートラインについたエリアと言える。権利者にもこの状況を理解してもらい、これまで紹介されていない日本コンテンツの流通も進むよう、CODAも努力する。期待してほしい」とコメントしました。
 台湾での日本コンテンツの海賊版の集中的な取締は、CODAの要請によって2011年11月から開始され、昨年11月の「光華商場」での摘発で、ほぼ一掃されました。しかしその後も散発的な侵害行為が続いているため、CODAでは引き続き、海賊版対策において提携する台湾国際影視基金会(TISF、旧TFACT)と共に対策を進めていきます。
 なおCODAでは、これらの侵害対策を経済産業省委託事業の一環として実施しています。

店舗Aの摘発の様子(2013年7月26日・TISF撮影(画像を加工しています))

店舗Bでの海賊版販売の様子(2013年7月26日・TISF撮影)

店舗Bで海賊版製造に使われていた機器(2013年7月26日・TISF撮影)

IPR警察による記者発表でコメントするCODAの中山・事務局担当部長(2013年8月10日・TISF撮影)

 「台北地下街」は、2000年に開業した全長約1㎞の台北市最大の地下街。台北駅から徒歩圏内の立地で、若者向けのファッションアイテムや生活雑貨、飲食店など260の店舗が軒を並べ、多くの市民で賑わっています。
 CODAでは今年6月頃、今回摘発された2店舗が「台北地下街」で海賊版を販売しているとの情報を得たため、TISFとともに内偵調査を進めていました。このうち店舗Aは、日本コンテンツの海賊版を専門的に取り扱い、海賊版DVDを1枚150台湾ドル(約495円)、3枚セットでは250台湾ドル(約825円)で販売していることを確認しました。また店舗Bは、表向きは正規版販売店を装いながら、店舗の一角にダミーパッケージを置いて日本コンテンツの海賊版を陳列販売し、さらに常連客に対しては、隠し持った海賊版の購入を勧めていることが判明しました。この店舗でも、海賊版DVDは1枚150台湾ドルで販売されていました。
 またこれらの店舗では、「海外国際版」「MIT」(Made in Taiwan)「コピー不可」などとパッケージに記載された、消費者が正規版と混同するような海賊版を扱っており、また、一部の日本ドラマはカタログリスト化して、客に選ばせて販売していました。

 これらの情報提供を受け、IPR警察が7月26日に行った強制捜査では、店舗Aの女性店主1名を検挙し、日本コンテンツの海賊版DVD6,190枚が押収され、店舗Bでは、男性店主1名を検挙し、日本コンテンツの海賊版DVD1,570枚と、書き込みドライブ付きパソコン1台、書き込みドライブが3つ組み込まれたバーナー1台が押収されました。店舗Bでは、このバーナーを使用し、海賊版として仕入れたDVDをマスターとして、さらに店舗内で海賊版を複製していた疑いも持たれています。

 台湾での日本ドラマは、ほかのジャンルのコンテンツに比べ、圧倒的に人気がある一方、海賊版流通は後を絶ちません。CODAでは引き続きTISFと提携し、IPR警察による侵害行為の全容解明について支援するとともに、正規ライセンスに向けての動きが加速するよう尽力していきます。


(参考)
 CODAが、日本コンテンツに特化した海賊版販売店等への特別対応として台湾で実施してきた対策の結果は、以下の通りです。
■2011年11月 台北市「通化街夜市」(露天商)
 逮捕者:2名(経営者・店員)
 日本コンテンツの押収枚数:DVD 約1,900枚
 判決日:2012年12月
 判決:被告1)懲役4ヶ月、罰金20万元 被告2)懲役6ヶ月(執行猶予3年)、150時間の労働義務

■2011年12月 台北市「士林夜市」
 逮捕者:1名(経営者)
 日本コンテンツの海賊版押収枚数:DVD 884枚
 判決日:2013年1月
 判決:懲役6ヶ月(執行猶予3年)、240時間の労働義務

■2012年3月 台北市「饒河街夜市」(1)
 逮捕者:1名(経営者)
 日本コンテンツの海賊版押収枚数:DVD 1,714枚
 判決日:2012年10月
 判決:懲役6ヶ月

■2012年3月 台北市「饒河街夜市」(2)
 逮捕者:1名(経営者)
 日本コンテンツの海賊版押収枚数:DVD 502枚
 判決日:2013年1月
 判決:懲役6ヶ月

■2012年3月 新北市「楽華夜市」
 逮捕者:1名(経営者)
 日本コンテンツの海賊版押収枚数:DVD 256枚

■2012年11月 台北市「光華商場」(1)
 逮捕者:1名(経営者)
 日本コンテンツの海賊版押収枚数:DVD 2,044枚

■2012年11月 台北市「光華商場」(2)
 逮捕者:1名(経営者)
 日本コンテンツの海賊版押収枚数:DVD 6,213枚

■2013年3月 台中市「逢甲夜市」
 逮捕者:2名(経営者・協力者)
 日本コンテンツの海賊版押収枚数:DVD 7,377枚

ページトップへ